体内酵素 減る 

体内酵素が減るNG習慣

P

体内で作られている酵素の量には限度があり、ダイエットをしたい!と思ったらこの酵素をいかに「代謝」に回すかが鍵になります。

 

ですが普段何気なくしている行動が酵素を大量消費させてしまっていることもあります。

 

ここでは体内酵素が減ってしまうNG習慣の例をあげてみます。自分の今の生活に思い当たる節がないか確かめてみてください。

 

暴飲暴食

暴飲暴食をすると消化をするために大量の酵素が使われます。ストレスや付き合いでついつい食べ過ぎてしまうことはありませんか?

 

ストレス解消!と食べてしまいたくなりますが、実はその行為はカロリーを過剰に摂取するだけではなくさらに体内酵素も大量に消費させてしまっている最大のNG習慣です。

 

ダイエットをしていてもしていなくても、健康のためにも暴飲暴食は控えたほうが良さそうです。

 

ストレス

脳は生きている限り酵素が使われ続けています。精神的ストレスを感じると大量の酵素がなくなってしまいます。

 

ストレスは血行不良なども引き起こし身体の様々なトラブルを引き起こす元凶です。できるだけリラックスした生活を心がけてストレスが溜まらないようにしましょう。

 

睡眠不足

酵素は寝ている間に生成されています。つまり睡眠時間が少ないと当然体内の酵素の量は少なくなってしまいます。

 

酵素の量を無駄に消費しないためにも、しっかりと生成するためにも睡眠時間はできるだけ確保するようにしましょう。

 

その他にも喫煙添加物が多い食事も酵素を大量消費する原因として挙げられます。

 

体内酵素を増やすためには?

じゃあ体内酵素を増やすためにはどうすればいいの?というのが気になるところ。

 

体内の酵素を増やすためには外から酵素を補う必要があります。そのためにはローフード(生の野菜や果物)を食べる方法が最も簡単です。

 

しかし野菜や果物は嫌い、という方もいらっしゃいます。そして最近は野菜の値段も高騰し毎日食べることが難しい時代にもなっています。

 

P

こんな時に楽に酵素を取り入れられるのが酵素サプリメントです。

 

下手したら野菜を毎日購入して食べるよりも安くて手軽かもしれませんね。皮をむく必要もなく、持ち運びでできていつでもどこでも飲みたい時に飲める便利さは酵素ドリンク以上です。

 

体内で減少した酵素を補って効率よく痩せたい方にはスルスル酵素などの人気酵素サプリメントがぴったりかもしれません。